活動・イベント

東の食の会が関わるイベント・活動についてお伝えいたします。

News Release:「フィッシャーマンズ・リーグ」始動!「SANRIKU」ブランドを世界へ

2016年3月7日

2016年3月7日
一般社団法人 東の食の会
一般社団法人 RCF


東北の新しい水産業の旗手達による地域横断のブランドづくり

「フィッシャーマンズ・リーグ」始動。

~「三陸/SANRIKU」ブランドを世界へ~


 

一般社団法人東の食の会 (東京都品川区、代表理事:楠本修二郎、高島宏平) と一般社団法人RCF (東京都港区、代表理事:藤沢烈)」 は、キリングループと公益財団法人日本財団による「復興応援キリン絆プロジェクト」水産業支援事業の助成のもと、東北の漁業・水産加工業の新しいリーダーたちによるネットワーク  『フィッシャーマンズ・リーグ』を立ち上げ、地域横断で連携して強い地域ブランドを生み出していくためのアクションを開始します。
フィッシャーマンズ・リーグHPはコチラ

1.ビジョン

・「フィッシャーマンズ・リーグ」は、岩手県、宮城県、福島県の水産業のリーダー達が連携をして、世界に通用するブランドを生み出し、地域全体、水産業全体の利益に貢献することを目指しています。
また、その活動を通じて、魚食文化を拡大・創造し、地域に対する誇りを広めていくことで、水産業の担い手づくりにも貢献していくことを目指しています。

 

・まずは、「『三陸/SANRIKUブランド』を世界に誇るブランドにしよう!」というビジョンを掲げ、取り組みます。
世界三大漁場の一つと言われる、森と海からなるリアス式海岸の豊かな海に、寒いからこそ温かい、厳しい環境だからこそ強い人々が、丁寧に手間暇をかけて、食べる人とつながりながら、ワカメや牡蠣をはじめとする海の幸を作っている。そんな三陸のすばらしさを世界に発信していきます。

 

2.参加者

「フィッシャーマンズ・リーグ」に中心的に参加している東北の水産業のリーダーの方々は以下の方々です。(五十音順、敬称略)

FL_member

3.アクション

「フィッシャーマンズ・リーグ」の当面の活動としては以下を予定しています。

 

①「三陸/SANRIKU」ブランドのコンセプトの確立
・「三陸/SANRIKU」のブランド・コンセプトをしっかりと言語化し、行政や関係団体とも連携して、ブランド宣言を作る。

 

②「三陸/SANRIKU」ブランドのプロモーション
・「三陸/SANRIKU」のブランド認知を拡大するため、地域横断で連携をして、展示会への出展、商談会への参加、試食会の開催を行う。
・まず、3月8日から11日に幕張メッセで開催される、アジア最大級の食品飲料専門展示会「FOODEX Japan 2016」にフィッシャーマンズ・リーグとして出展し、「三陸/SANRIKU」ブランドのコンセプトをPRし、三陸各地からの参加者の産品を展示する。

 

③「三陸/SANRIKU」ブランドの輸出
・「三陸/SANRIKU」ブランドを海外にて発信し、認知を拡大するとともに、地域横断で連携をして、海外での展示会への出展や商談会への参加を通じて、三陸産の商品の海外販路を開拓していく。
・特に、三陸牡蠣と三陸ワカメについて、今後、協働チームを立ち上げ、「三陸/SANRIKU牡蠣」、「三陸/SANRIKUワカメ」のブランド・コンセプトをPRし、認知拡大と海外での販路開拓に取り組んでいく。

 

④食育活動
・低下し続けている魚食に対する需要を高めるとともに、水産業やそこに携わる方々について地域の方々が誇りを持つようになるために、食育活動にも取り組んでいく。
・具体的には、三陸の伝統的な食文化や、魚食の栄養に関する情報、魚のおいしい食べ方等を紹介するウェブサイトを立ち上げる予定。
・また、子供のころから魚食に親しんでもらうため、学校給食への地域の水産品の導入を促進する取り組みを行う予定。

 

⑤メンバーの研修活動
・参加メンバーのビジネススキルやリーダーシップ、また、水産業全般や地域再生に対する知見を向上させるため、外部からの講師を招いてワークショップを実施する。
・具体的には、マーケティングやブランディングのセミナー、水産資源管理のセミナー等を実施していく予定。

 


 

「復興応援 キリン絆プロジェクト」水産業支援事業

一般社団法人東の食の会が2013年より取り組んでいる「三陸フィシーマンズ・キャンプ」による人材育成プログラムについては、「復興応援 キリン絆プロジェクト」水産業支援事業として、日本財団の協力のもと、2,200万円を助成しました。また、今回の水産業リーダー育成プログラム「フィシャーマンズ・リーグ」についても、2,900万円の助成を行い、ビジョンの実現に向けて協働でプログラムを推進していきます。

なお、キリングループは、東日本大震災復興支援に継続的に取り組むべく3年間で約60億円を拠出することを決め、「復興応援 キリン絆プロジェクト」として、グループ各社が一体となった復興支援活動を進めています。このプロジェクトでは、「絆を育む」をテーマに、「地域食文化・食産業の復興支援」、「子どもの笑顔づくり支援」、「心と体の元気サポート」の3つの幹で一貫した活動を行っています。「地域食文化・食産業の復興支援」の一つである水産業支援事業については、地域ブランドの育成支援、6次産業化による販路拡大、担い手・リーダーの育成支援をテーマとし、様々な活動を行っています。

Kirin_nf

 

 

 

 

 

 

« 「東の食の実行会議2016」を福...

フィッシャーマンズ・リーグが... »