レポート

これまでに行われたイベント・活動からのレポートを掲載します。

石巻まちなか復興マルシェ、グランドオープン!

2012年6月15日

今月6月9日にグランドオープンした『石巻まちなか復興マルシェ』に行って来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石巻駅から車ですぐの中心街に、

特産品や野菜・鮮魚を扱ったマルシェ(市場)や飲食店が軒を連ねているスペースがある。

石巻に活気を取り戻そうと6月9日にグランドオープンした、『石巻まちなか復興マルシェ』だ。

朝10時から駐車場は埋まっており、すでに買い物客や軽食を食べる人で賑わっていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほたてやつぶ貝、しそ巻きなど産直ならではの新鮮な生鮮品が取り揃えられているほか、

「石巻ぎょうざ道場」、「石巻うまいもん屋」 、「珈琲工房いしかわ」といった飲食店も併設され、

これまた地元食材を使ったメニューを豊富に揃え、地元住民や訪れた客に提供している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、広場のなかにはフードコートも常設されており、買ったものを食べたり本を呼んだり、談笑したりと、好きにくつろげる空間となっている。

さらに、 三味線教室や餅つき大会などの簡単なイベントも開催しており、少しずつ地元の方たちが集まるようになってきたという。

石巻の一大祭りの川開きでは、前夜祭を予定しているそうだ。

打ち上げ花火も間近で見られる好立地とのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運営をされている色川さん(写真右)

色川さんは、津波で全壊した「石巻しみん市場」をもう一度復活させようと、石巻まちなかマルシェのスタートを決断したという。

 

「皆、まだまだ気持ちの上では豊かではない。まずは楽しく売り買いができる場所を作ろうと思った。もともと震災前から、マルシェをやってみたいという皆の希望もあった。それが色んな人の力があって、いま形になった」

 

例えば、ほたては去年の夏に来たボランティアの人たちと漁師とで、一緒に育てた養殖のほたてである。そのほたてを、いま漁師から買いとってマルシェで販売している。

なにより嬉しかったのは、去年養殖を手伝いに来た人が、「オープンすると知って遊びに来ました」とマルシェを訪れ、このほたてや野菜を買っていってくれたこと。

 

人と人がつながり、生業と生活を支える場にしたいと、色川さんはいう。

今後、地元石巻の人達の憩いの場、コミュニティスペースとしても、重要な役割を担っていきそうだ。

 

【石巻まちなか復興マルシェ ホームページ】http://www.man-bow.com/marche/index.html

« コンタツ株式会社のお中元ギフ...

東北6県ROLL第2弾は青森県!「... »