レポート

これまでに行われたイベント・活動からのレポートを掲載します。

<東の食の実行会議~「新しい東北」の食から新しい日本を~>を開催しました。

2014年7月19日

東の食の実行会議実行委員会(委員長、高島宏平(東の食の会 代表理事・オイシックス株式会社代表取締役社長)は、
復興庁からの事業委託を受け、本年7月18日(金)~ 19日(土)、宮城県仙台市にて「東の食の実行会議2014」を開催しました
東の食の実行会議

■ 東の食の実行会議とは?

東北の食の産業復興に向け、今までの成功事例を共有し、連携の仕組みをつくることで人材や資金などの資源を集約。大きな経済インパクトを持続可能な形で生み出すことを目的としています。

食産業として取り組むべき方向性を確認し、具体的なアクションを生み出すことを期待成果としています。その活動の第一歩として、復興におけるキーパーソン 146名を集めた会議「東の食の実行会議2014」を行いました。

■ 復興キーパーソン146名による11のアクションプラン
「東の食の実行会議2014」では、議論だけで終わせないため、参加者が現在の状況や課題をもとに具体的な打ち手を検討し、11のアクションプランを生み出しました。

今後、各アクションプランのフォローアップを 東の食の実行会議実行委員会が行い、今年の秋頃に中間発表を実施する予定です。

<アクションプランの主な事例>

¶東の食を利用した鍋レシピコンテスト実施・販売
小売業者共通の継続性のあるキャンペーンを行うため、東北の食材を利用した鍋レシピを募集し、本年11月に東京都内で実施される収穫祭「東京ハーヴェスト」にてコンテストを実施。東の食の実行会議をプラットフォームとし企業間の垣根を越えた東北の食産業の復興を目指します。
(参加企業:株式会社 ABC Cooking Studio 、オイシックス株式会社、カフェ・カンパニー株式会社、株式会社 五味商店、株式会社セブン&アイ・ホールディングス、ヤフー株式会社、楽天株式会社(五十音順))

¶東の食を楽しむ「東の食いしん坊倶楽部」」立上げ
カフェ・カンパニー株式会社・株式会社 47PLANNINGを中心に、旧軽井沢ビアガーデンにて東北メニューの販売を 本年8月1日から開始。3年間で1億円の取引量を目指します。

¶自治体が窓口となるビジネスマッチング「東の窓の会」開催
東北の複数の地方自治体が共同で窓口をつくり、ビジネスマッチングのイベントを年内に開催します。

 

 

 

 

 

« 新聞各紙にてÇa va(サヴァ)缶が...

<三陸フィッシャーマンズ・キ... »