レポート

これまでに行われたイベント・活動からのレポートを掲載します。

2019.08.04 発酵の日前日開催 体感型発酵教室@発酵居酒屋5

2019年8月5日

皆さん、はじめまして。”発酵居酒屋5料理長”兼”発酵わくわく大使”の鈴木大輝です。

 

8月5日はハッコー(85)の日!ということで、前日に表参道の発酵居酒屋5にて腸活研究家の長谷川ろみさんを講師にお招きし、体感型発酵教室と題したイベントを開催致しました。

 

 

写真でも判る通り、美肌で若々しいろみさん。41歳という年齢を明かすと会場から驚きの声が上がります。

 

そんな腸活美人なろみさんですが、もともとは、子供のころから肥満体質に悩まされていて、高校の時には体重が70キロに達していたそうです。

キャベツだけを食べるダイエットなど、極端なことをしてはリバウンドを繰り返し、常にイライラした精神状態でした。

 

23歳の時、カナダ留学中にシェアメイトの韓国人のお母さんが作っていた、韓国人のソウルフードであるキムチを毎日いただいていたところ、1年後の帰国時には自然と10kg痩せていたそうです。

 

そこで、腸を整える発酵食品のすばらしさに目覚め、今では腸活研究家として、腸活メディア「腸内革命」の編集長や、発酵ライフ推進協会のオンラインサロンのプロデュースなどを手がけています。

 

最近は腸活という言葉が様々な場面で使われているので今一度、「腸活とは何か」という学ぶ機会を作っている、ろみさん。
腸内細菌を育成し、その環境を整える事が大事だと伝えています。参加者の子供たちも興味津々。

 

人間と腸内細菌の関係図では、人間が飼い主、腸内細菌はペットであり、エサやりと育成環境を整える事が大事だと、丁寧に伝えていました。

長谷川ろみさんはゲーム会社で働いていた経験を活かし、「腸内革命」というカードゲームを開発しました。

 

その内容は、2チームに分かれ自分の腸内細菌カード(フローラカード)を育成します。「味噌汁」「つけもの」「すいみん」などの補助カードを使いフローラカードの数字を高めていきます。

相手チームには「添加物」「ストレス」「肉オンリー」などの攻撃カードを使い、最終的に腸内細菌カードの数が多いチームの勝ちというシンプルなゲームです。

 

 

簡単な説明の後に、参加者同士でゲーム開始!

「納豆」カードでフローラカードをランクアップ!「便秘」カードで相手のフローラカードを爆破!
「毎日揚げ物」カードで相手のフローラカードを爆破しようとしたところを、「わかめ」カードでブロック!

 

場の札、手札を繰り出す度に、参加者もどんどんヒートアップ!

 

 

ゲームで楽しく腸活を意識できる、「腸内革命ゲーム」参加者同士の人の和も醸されていました。

 

ひとしきり、ゲームで盛り上がった後は、「オリゴ糖」などカードに書かれているものが、実際にどう腸内に働きかけるかを学びました。

 

次に、東の食の会でリブランディングしている、東北地方の郷土料理、三五八漬けの素の紹介。塩と糀とご飯を漬け床にしていて、糀の甘味と塩味がほどよい味わいのお漬物です。

 

こちらを、チームふくしまプライドのメンバーである三扇商事さんのブルームきゅうりという、昔ながらの白く粉のふくきゅうりの漬物にして、試食していただきました。

 

切って漬けて数時間という短時間ながらも、程よく漬かったきゅうりを、子供たちが美味しい!と感激しながら爆食。

 

会場の発酵居酒屋5では、糀を自家製で育てていて、この日は特別に参加者が糀を触る発酵体験をしました。

 

糀が育つ過程で発する発酵熱と、栗のような甘い香りに参加者もうっとり。あたたかい糀そのものを試食すると、甘〜い!美味しい!と感激の声が上がります。

化粧品にも使われる糀。腸も肌も美しくしてくれます。

参加者のみなさんも発酵したのか、晴れやかな笑顔で閉会し、三五八漬けや善玉菌をお持ち帰りいただきました。いつまでも健康で美しい発酵ライフスタイルを、読者の皆様もぜひ体験してみてください。

 

 

発酵居酒屋5では、この糀を活かして、調味料や野菜、肉、魚などを美味しく柔らかく発酵させた料理を提供しています。8/5〜9/23までは、チームふくしまプライド。の食材を三五八漬けで醸した特別メニュー等を展開していますので、是非お立ち寄りください!

 

 

 

« ほやラブ、ほやレシピコンテス...

【新商品】暑さ対策に!福島県... »