マッチング事例

東の食を食べてほしい人がいる。東の食を食べたい人がいる。

目黒区役所の社員食堂で宮城県石巻のさんまがメニュー化!

2012年7月13日

目黒区役所の社員食堂で、本田水産株式会社(宮城県石巻市)のサンマを使った天丼がメニュー化され、7月9日より販売開始しました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東の食の会の活動に共感してくださった給食会社の協力のもと実現したマッチングで、

今後、練馬区役所や横浜市役所など取り扱う食堂を増やしていく予定です。

そしてこちらが、『サンマと夏野菜の天丼』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見た目はボリューム感たっぷりで、秋刀魚の天ぷら3枚に茄子とかぼちゃの天ぷらが一緒になっています。
秋刀魚の天ぷらは臭みもなく、身も厚い良い秋刀魚を使われていて、夏野菜の茄子、かぼちゃも美味しかったです。
天丼のたれは野菜(玉葱かな)をおろしたものも入っており、大満足でした。
今後は目黒区以外でも展開されていく予定とのことですので、随時アップしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お昼どきにはすでに大行列ができており、

「サンマと夏野菜の天丼」はすぐに売り切れになってしまいました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目黒区役所の食堂は一般の方もご利用できるので、ぜひ皆さんも

この機会に「サンマと夏野菜の天丼」を食べてみてください。

 

■本田水産株式会社 http://www.hondasuisan.com/

■目黒区役所ホームページ http://www.city.meguro.tokyo.jp/index.html

 

« 会員企業いちかわライスビジネ...

丸の内地球環境新聞で、東の食... »


hello