マッチング事例

東の食を食べてほしい人がいる。東の食を食べたい人がいる。

外務省の省内食堂にて、石巻のサンマと福島県産の野菜を使った天丼がメニュー化!

2012年10月17日

外務省の省内食堂にて、本田水産株式会社(宮城県石巻市)のサンマと、福島県産の野菜を使った天丼がメニュー化されました!

10月15日より販売を開始しています。

 

東の食の会の活動に共感して下さった給食会社さんの協力のもと、

以前に目黒区役所の社員食堂にて販売いただいたメニューをアレンジしてご提供いただいております。

こちらが今回の『さんまと秋野菜の天重』です!

 

 

見た目の通りボリューム感たっぷりで、サンマの天ぷらが3枚と、さつまいも、ブロッコリー、かぼちゃ、しいたけの天ぷらがぎっしり!

サンマの身も厚く、とても満足感のある内容でした。

野菜がいろいろと使われているのも嬉しいですね♪ ブロッコリーは彩りもよく、天ぷらは初めて食べましたが美味しかったです。

 

 

食堂の外にも、メニューを大きく取り上げたポスターを掲示していただいてました。

 

 

この天丼は、外務省以外にも市役所などで提供されています。

今月は横浜市役所、来月は練馬区役所で販売される予定です!

中には一般のかたもご利用できるところがありますので、ぜひこの機会に食べてみてくださいね。

 

◆本田水産株式会社 http://www.hondasuisan.com/

« 放射能関連情報のポータルサイ...

東北応援メニュー第3弾は気仙沼... »