マッチング事例

東の食を食べてほしい人がいる。東の食を食べたい人がいる。

福島県産の高付加価値トマト「錦姫」が髙島屋新宿で販売開始!

2013年4月20日

 

4月2日(火)より、会員企業結農彩の福島県産の高付加価値トマト「錦姫」が髙島屋新宿店での販売が開始いたしました。さらに、4月20日(土)には消費者に「錦姫」の美味しさや安全性を直接アピールする即売会イベントも開催いたしました!

 

【即売会イベント】

・日時:4月20日(土) 10時より販売開始

・場所:髙島屋新宿店 地下1階食料品売り場

・販売予定数:100セット(なくなり次第、販売終了)

 

 

【商品詳細】

・商品名:錦姫(にしきひめ)

・特徴:さくらんぼのような食感と見た目をした、糖度の高いトマト。トマトが苦手な人でも食べられるトマト。しかし、雨風に弱く、デリケートで栽培が難しい。

 

 

【販売に至るまでの経緯】

トマトの生産者の「あかい菜園」では、震災によりトマト栽培ポットがすべて倒壊し、さらに断水が続き栽培中だったトマトも全滅する多大な被害を受けました。しかし震災に負けないとの想いからすぐに施設や設備を修繕し、2011年4月から通常のトマトの出荷を再開しました。
ところが、福島第一原発での事故による放射能汚染の風評被害によって販売は伸びず、新たな販路の開拓も困難な状況が2年間続きました。そこで、風評被害を払しょくするため、株式会社結農彩と協同で高付加価値トマト「錦姫」の生産に挑戦し、商品自体の価値を認め、それを正しくお客様に伝えてくれる売り場を模索しました。そして、日本有数の利用者数を誇る新宿駅に隣接する老舗百貨店髙島屋の青果売り場に話を持ちかけたところ、商品の価値を認められ、単発でない、継続的な販売となりました。

 

 

【生産者】 あかい菜園 http://akai-tomato.jp 

【会員企業】 株式会社結農彩  http://yuinousai.net/

« 「八重の御弁当」が 東京駅「ゴ...

4/15の「Wendy」(全国版) に... »